歯医者で虫歯を未然に防ぐ│虫歯の進行と治療

歯を抜かない治療

院内

歯医者では歯の神経といわれている歯髄を治療する根管治療という取り組みを行なっています。この根管治療では、歯髄に傷がついたり炎症が起きたりすると痛みをとるか、周りにある歯や骨に影響がでないように歯髄を取り除く治療を行なうのです。虫歯が悪化してしまい歯を抜くことになった場合は、この治療を行なう必要があります。今までの虫歯治療では歯髄や血管などが最近に冒された時は抜歯をしないといけませんが、根管治療では感染した歯髄や血管を取り除いて、周辺を消毒すれば歯を抜かずに治療することができます。根管治療では抜歯を行なわないことを第一とし、できるだけ抜歯によるリスクを軽減することが可能な治療といえるでしょう。根管治療の流れは歯医者によって異なるので、気になる人や治療を希望する人は歯医者のホームページで、治療の流れを確認するか直接歯医者で相談するようにしてください。この治療は歯を抜かずに治療をすることができますが、どんな場合でも行なうことができる訳ではありません。場合によっては根管治療をできずに、抜歯しないといけなくなる場合があるでしょう。ですから、そのようなことになる前に歯医者で検査を受けてください。この治療は歯の神経に大きく関わりがあるため、冷たいものや熱いものを口にした時に痛みがあった時はこの治療を受けるようにしましょう。このような症状は虫歯が進行した時に感じる痛みですから、早めに根管治療をすれば抜歯をせずに問題を解決することができます。今ある歯を残したいという人は、このような治療を取り入れている歯医者を探してみましょう。

Copyright © 2016 歯医者で虫歯を未然に防ぐ│虫歯の進行と治療 All Rights Reserved.