歯医者で虫歯を未然に防ぐ│虫歯の進行と治療

子供のうちから始める

口元

矯正歯科では小さい子供だけでなく、働いてる様々な人の要望に答えることができる治療や装置があります。小さい子供が本格的な治療をせずに矯正できるようにしたり、人と接する仕事をしている人のために目立たない装置を使用したりしています。

すぐに発見しよう

歯型と治療器具

浜松に住んでいる人の中で虫歯になっている人、虫歯かもしれないという人はすぐに浜松にある歯医者にいきましょう。虫歯は最初の段階では痛みがなく気づく人も少ないですが、痛みだしてからだと虫歯が進行してしまった状態です。
虫歯が進行してしまうと神経を取り除いたり、歯の根っこの部分にあたる歯根ごと歯を抜いたりしないといけません。そのようなことになる前に、早めに歯医者にいって相談してみてください。浜松の歯医者では進行の度合いと症状によって、様々な治療法を行なっています。初期の症状は歯の表面にあるエナメル質を溶かし、白く濁った色になっている状態です。この段階ではまだ痛みがないため自覚症状はないのです。この段階では治療をする必要はないので、医師によるブラッシングを行ない、その後は虫歯菌を防ぐことができるフッ素を歯の表面を塗布する治療をします。この状態よりも進行してしまうと、歯のエナメル質がどんどん溶け出してしまって、黒ずんでしまいこうなってしまうと痛みはありませんが、冷たいものを食べたり飲んだりするとしみてしまうでしょう。浜松にある歯医者では、この状態になった場合は、虫歯菌に冒されている箇所を専用の器具で削った後に、歯科用のプラスチックか金属を歯に詰めて治療するのです。ここまでは比較的軽い症状ですが、これ以上酷くなると歯に被せものを装着するか、抜歯をして入れ歯やインプラントなどを使用することになります。虫歯は自覚症状がありませんので、定期的に浜松にある歯医者で検査して早期発見できるようにしましょう。

不安を取り除くために

院内

豊中市にある歯科では、患者さんの不安を取り除くために痛みのない治療を行なっているのです。麻酔でもあまり痛みを感じない麻酔針を使用したり、注射する箇所に麻酔薬を塗ったりすることで痛みを和らげることができます。

歯を抜かない治療

院内

抜歯をせずに歯の神経を治療することを根管治療といいます。この治療では虫歯菌に冒された歯の神経にあたる部分の痛みを取ったり、他の歯や骨に病気が感染したりしないように神経を除去するのです。

Copyright © 2016 歯医者で虫歯を未然に防ぐ│虫歯の進行と治療 All Rights Reserved.